キャリアカウンセリングの気になる「アレ」

2021.03.05

キャリア教育講演会Q&A(16)モチベーションを維持し続けるには?

Q.今回の講義では、積み重ねや努力をし続けることが大事であることを数字を用いたり、偉大な人物の言葉を見て伝わりました。しかし、自分もそれが分かっていてもモチベーションが上がらずに、後回しにしてしまったりしてしまいます。
モチベーションを維持し続けるにはどうしたらよいか教えていただきたいです。

多分、誰しも苦手ことは続けられないと思います。
でも、好きなことやる気になる何かがあると、続けられますね。

多くの人がやっていることを紹介します。「座右の銘」を持つこともその一つです。
「座右の銘」とは、常に自分の心に留めておきたい「元気が出る言葉・著名人の名言・諺・・・の類」のことです。
ネット検索すると、膨大な量になります。

手前味噌ですが、私の「座右の銘」は、
「プランド・ハプンスタンス(Planned Happenstance)=計画化された偶然」
という意味ですが、心理学者のクランボルツ氏が提唱した理論です。

「人生の大半は、偶然の出来事の連続でできている。
でもその偶然をどう捉えるかで、自分の将来が作られていく」

というものです。

毎日毎日、様々な出来事に遭遇した時、「見過ごす」のか「これは何かの縁」と捉えるかは自分次第。
私の場合は、「見過ごす」ものも多いと思いますが、「これは!」と感じるものはついつい深掘りします。
ある意味、それがモチベーションかもしれません。

「落ち込んだとき」「いろんなことが面倒くさくなったとき」等のマイナス状態のとき、
これを「見る」「思い浮かべる」「思いだす」ことで、モチベーションアップに繋がるものを見つけるといいと思います。
1つでも2つでも。できれば、いつも自分の視えるところのあるといいですね。
スマホの壁紙とか。部屋のドアや寝室の天井に貼付したりとか。

これを見て元気、やる気を起こさせる魔法の言葉になります。きっと。

お問い合わせ

Tel.080-5634-7764

随時お問い合わせください。